トップページ >技術・ソリューション >アンカー技術 >高被圧水下アンカー工法

高被圧水下アンカー工法

「高水圧対応型グラウンドアンカー工法」は、高水圧下においても周辺地盤を緩めることなく、要求された耐力が確保でき、且つ安全にアンカーを施工するために開発された工法です。その中でも、独自に開発したケーシングパッカー(マウスパッカー工法)は大きな役割を担っています。「高水圧対応型グラウンドアンカー工法」により、大深度掘削に伴う高水圧環境下での仮設アンカーや、本設構造物の浮力対策のための本設地盤アンカーを地下水位以深で施工することが可能です

高被圧水下アンカー工法 高被圧水下アンカー工法

アンカー工法の概要

アンカー工法の概要

国内のアンカー技術の指導的役割を果たしています。

仮設アンカー工法

仮設アンカー工法

各種条件に対応できる数種の工法を駆使し、ニーズに応えています。

グラウンドアンカー受圧板(GRASP)

グラウンドアンカー受圧板(GRASP)

特殊鋳鉄を使用したリブ構造の軽量受圧板による法面保護工法です。

グラウンドアンカー受圧板(PUC)

グラウンドアンカー受圧板(PUC)

コンクリートの受圧板とグラウンドアンカーを組み合せた斜面安定工法です。

この技術を見た方はこんな技術も見ています