トップページ >技術・ソリューション >ボーリング応用技術 >ハイスペックマイクロパイル工法

ハイスペックマイクロパイル工法

 HSMPz2.pngハイスペックマイクロパイル工法は、既設構造物の基礎を耐震補強する小口径鋼管杭工法です。狭隘地でも施工でき、経済性にも優れた工法のため、構造物が近接するような厳しい条件下の新設工事にも適用できます。本工法の施工は、ボーリングマシンを用いて二重管削孔し、鋼管を建て込んだ後にグラウトを充填し、地盤中に鋼管を定着させる技術です。施工条件にもよりますが、橋脚基礎等の耐震補強工事でハイスペックマイクロパイルによる増し杭を行う場合、掘削土量を低減できるだけでなく増しフーチングをスリムにすることが可能となり、既住の耐震補強技術に比べてコストを10~20%程度低減させることが可能です。

HSMPz1.png

工法の特長

  1. 低空頭な場所でも施工できます。 ・小型の施工機械を使用できるため、3.5m程度の低空頭箇所や足場上で施工が可能です。
  2. コストを縮減が図れます。 ・従来工法と比べ、汎用的な鋼管と継手を使用するため杭部材が安価となります。 ・継ぎ杭1本あたりの鋼管長が最大6mであるため、継手が少なくなるうえに施工効率も向上します。
  3. メンテナンス工事に最適です。 ・拡幅基礎を従来よりも小さくできるため、既設構造物の耐震補強などの維持管理に適しています。
  4. 環境に配慮した施工ができます。 ・施工機械が小型であるため、低騒音・低振動で施工できます。 ・杭径が小さいため、施工時に近接構造物への影響が少ないです。

 

適用市場

土木

  • 道路橋、鉄道橋、歩道橋
  • 鉄塔、タンク、発電所設備
  • 擁壁、石積、抑止杭
  • 仮設構台
  • 坑口脚部補強

建築

  • 建物改修・補強・増築時
  • 擁壁
  • 既存工場附帯構造物
  • 仮設仮受け

HSMPz3_4.png  

施工方法

HSMPz5.png

施工機械例

HSMPs1_3.png

施工例

 鉄道盛土に隣接した工事用桟橋の基礎杭として初めて採用されました。なお、75tクローラクレーンを用いて現場載荷試験を実施し、設計荷重に対して想定内の変位となりました。

HSMPs4_Z6.png

高耐力マイクロパイル工法

高耐力マイクロパイル工法

アンカー工法で用いられている技術を取り入れ、高強度鋼管と太径のねじ節異形棒鋼を組み合わせ、高耐力・高支持力の杭を形成する工法です。

STマイクロパイル工法

STマイクロパイル工法

小口径高張力鋼管と高圧噴射改良体との合成構造の鋼管杭工法です。

ウォーターハンマー工法

ウォーターハンマー工法

従来のエアに対して高圧水(15MPa)をその駆動源とするダウン・ザ・ホール方式の削孔で、高い打撃効率に伴う高掘進能率を発揮できる工法です。

この技術を見た方はこんな技術も見ています