トップページ >技術・ソリューション >岩盤グラウチング技術 >グラウチング管理システム

グラウチング管理システム

長年の経験から得られる専門的ノウハウが要求されるダムグラウチング工事。私たちは工事に伴って発生する各種データを迅速に処理し、施工管理に役立てるために、コンピュータによるデータの収集、整理、解析統計処理などを強力に推進しています。これにより施主の皆さまのご要望にきめ細かく対応することが可能となり、国土交通省、農林水産省をはじめ関係各位から高い信頼と評価をいただいています。

グラウチング管理システム
グラウチング管理システム

連続配合切替工法 NETIS登録番号:KK-050110-A

連続配合切替工法 NETIS登録番号:KK-050110-A

地盤透水性に応じた配合ミルクを無段階で混練・注入する工法です。

ロッドライナー工法(RL工法)

ロッドライナー工法(RL工法)

グラウチングの合理化施工のために当社が開発した工法です。

動的グラウチング工法

動的グラウチング工法

注入材にある一定のパルスを与える事により目詰まりの抑制を図りながら、微細岩盤亀裂等に注入材料を送り込む技術です。従来より高い止水効果を、より安価に、かつ短い工期での施工が可能となります。

一般注入工法

一般注入工法

岩盤の強化を図り地下水の流出を抑制します。

この技術を見た方はこんな技術も見ています