トップページ >技術・ソリューション >地盤改良技術 >薬液注入工法 >二重管ストレーナ注入工法

二重管ストレーナ注入工法

strener_large.jpg

数秒で固結する瞬結性グラウトを、二重管と特殊な先端装置を用いて注入し、地盤を確実に改良することができる工法です。潜水砂層や被圧水のある地盤、あるいは様々な土層を持つ複雑な互層地盤のあらゆる土質に対応します。

二重管と特殊な先端装置を用いて、同じ深度で瞬結性グラウトと浸透性グラウトを注入し、均質な地盤改良を行います。高い改良効果と、環境保全面での安全性を両立し、同時に簡便性と経済性をも追求した工法です。また最近では、瞬結性グラウトと浸透性グラウトを、切替え操作をすることなく連続的に行える二重管同時複合注入工法も開発され、当社でも積極的に取り組んでいます。

施工サイクル図

施工サイクル図

超多点注入工法 NETIS登録番号:KK-120050-A

超多点注入工法 NETIS登録番号:KK-120050-A

理想的な浸透注入と高い施工効率を実現する新しい技術です。

DCI多点注入工法

DCI多点注入工法

浸透理論の応用技術により、構造物近接箇所や線路近傍で、変位を制御しながら注入を行うことが可能な工法です。

二重管ダブルパッカ注入工法

二重管ダブルパッカ注入工法

注入材漏出がなく、確実に対象地盤の改良が行えます。

この技術を見た方はこんな技術も見ています