トップページ >技術・ソリューション >汚染対策技術 >土壌汚染状況調査

土壌汚染状況調査

当社は、環境大臣による指定調査機関の指定(平成15年1月20日、環2003-1-204)を受け、最新のボーリング技術を持って、土壌汚染状況調査を行っています。

<土壌汚染状況調査

汚染対策工事

汚染対策工事

「封じ込め措置」「土壌入れ換え措置」「原位置不溶化措置」「原位置浄化措置」などの汚染対策工事において、様々な工法を用意しております。

遮水鋼矢板連続壁工法

遮水鋼矢板連続壁工法

管理型廃棄物最終処分場における「鉛直遮水工」、土壌汚染の拡散を防止する「封じ込め工」に適用できます。

この技術を見た方はこんな技術も見ています