トップページ >技術・ソリューション >地すべり対策とは

地すべり対策とは

日本の複雑な地質構造と集中豪雨・積雪、頻発する地震発生あるいは人為的な斜面改変は、地すべりの発生を助長することになります。このような斜面の不安定化に対し、住民の安全安心や構造物・農地・森林などを被災から守る対策工事に対応しております。

  • 抑制工の模式図
  • 抑止工の模式図
  • RC型集水井シールド

    抑制工のひとつである集水井は、地すべり土塊内での掘削作業となるため、安全な作業環境と確実な構造性能が必要です。
    RC型集水井シールドはセグメントを使用したシールド工法により掘削中での地盤崩壊を防ぎ、安全な作業環境を確保するとともに、土圧および地下水等による腐食に即時、耐えることができます。

    RC型集水井シールド 詳細ページへ

  • アンカー工

    地中の深部に、強大な抵抗力を発揮するように工夫したアンカーを打設し、引っ張り鋼材を介して壁または構造物に固定する工法です。当社はアンカー工事技術のパイオニアとして、多くの工業所有権や施工実施権を保有。国内のアンカー技術の指導的役割を果たしています。

    アンカー技術へ

    斜面安定技術へ

  • ST集排水ボーリング工法

    ST集排水工法は、効率的に多量の地下水を排除する集水ボーリングや、高い方向精度が要求される排水ボーリングを実現させる、径300~600mmの大口径集排水工法(横孔)です。

    ST集排水ボーリング工法 詳細ページへ

  • 抑止杭工

    地すべり内に鋼管や鉄筋コンクリートの杭を挿入打設し、杭が持つ曲げ強度やせん断強度で地すべり推力に対抗・抑止する工法です。
    BG機を用いることで、杭削孔に伴う送水が地すべり活動に影響を与える懸念がある場合や坑壁自立不良で杭材建込みの難度が高いことが予想される場合など安全・確実な施工を果たすことができます。

    BG工法 詳細ページへ

    また、狭さく地など十分な施工空間のない厳しい現場条件下では、必要抑止力によっては小口径鋼管杭を打設するSTマイクロパイル工法を用いた抑止杭工も可能です。

    STマイクロパイル工法 詳細ページへ