自然復元技術

子供たちに美しい地球環境を引き継ぐ為に!
日本基礎技術株式会社は、自然復元技術、汚染対策技術の開発・導入・運用を進めてまいります。

防災技術社会基盤整備・維持環境対策
法面工の分類一覧表

膨軟化チップ吹付工法 NETIS登録番号:H-050012-A

この工法の施工事例集はこちら

従来は、木本チップを緑化工に利用するには、堆肥化、または客土等に生チップを混入する方法が主でした。このため、広いヤード・長期熟成が必要であったり、調整剤を混入しなければ植物の生育をコントロールできなかったなど、リサイクル材として十分な活用が図れておりませんでした。ポン菓子製造の原理を応用して、木本チップを蒸気膨軟化処理することで、高品位な緑化基盤材を安価かつ容易に有効できるように開発した工法が「膨軟化チップ工法」です。
NETIS登録 TH-050012-A

膨軟化チップ吹付工法 膨軟化チップ吹付工法
木本チップ (50mm)→膨軟化チップ 膨軟化処理装置(エクストルーダ)
膨軟化チップ吹付工法 膨軟化チップ吹付工法
施工直後:平成18年 2年経過:平成20年

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.