トンネル補助技術

日本基礎技術株式会社は、1990年代に長尺先受けアンブレラ工法「トレヴィチューブ工法」を導入しトンネル補助工法の分野に進出しました。その後、「ジャンボde注入工法」「BAF工法」を開発・導入し、運用実績を上げています。 今後も、削孔技術の高精度化などの開発・導入を積極的に進め、皆さまのニーズに応えていきたいと思います。

社会基盤整備・維持

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.